easter-egg.me

クレヨン社やさしい雨[雨降りの月] - 2ページ

音名CGEmAmDmGCG
和音ⅢmⅥmⅡm
機能T (弛緩)D (緊張)D (緊張)T (弛緩)S (中間)D (緊張)T (弛緩)D (緊張)
根音短3度下行完全4度上行完全4度上行完全4度上行完全4度上行完全4度上行
進行
D終止D終止の逆進行D偽終止S偽終止の逆進行S・D連結D終止D終止の逆進行
終止偽終止全終止全終止
共通P1→P5P5→P1P1→m3
M3→P5
P1→P5P1→P5P1→P5P1→P5P5→P1
解釈

区切り感と跳ねる感じで。いい感じ。


スタッカート気味な歌い方が似合う。


歯切れの良さ。


やはり区切り感か


終止の時、トニックの音量は小さくして良い。落ち着く場面で音量をでかくするのは不自然。


「前楽章の終止の静寂からは打って変わって、猛烈な分散和音で幕を開ける。」


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


ドミナントモーションは強力なものを築く。その影響で、その周辺の調性が確立してしまう。ドミナントモーションで調性がより明確な曲調は、古典クラシックや童謡、日本の演歌、昭和の歌謡曲等に多く見られる。『つくれるサントラ、BGM』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


段落効果。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomer/31/1/31_1/_pdf/-char/ja)


解釈を投稿


1563は見事に4象限という感じ。反復進行でもあるし。


喧騒。平常の静けさや秩序を破る何事か。静寂の対義語。


サビの手前に置かれることが多い。


演奏者と聴取者の間でのお約束ではなく、演奏者同士の間でのお約束。それは、分かり合えないものがわかり合うといったタイプのコミュニケーションというより、分かり合えているものがそれを確認するといった行為に近い気がする。


逆循環コードにセブンコードの柔らかさはそぐわない。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


151のとき、演歌で5の音価がすごく短かったり。1/4とか。


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


更なる救いという感じもする。


解釈を投稿


1にいってもいい。


ナチュラルマイナーと比較すると、2が下がっただけなのか。


やるせない気持ちになるように感じられる。助けを待ち焦がれているようにも感じられる。


Ⅰの和音の第1転回形だったりもする。


終止を延期しているとも考えられる。


先行和音が持つ主和音への進行の期待から、この和音である種の残念な気分が生み出される。


内面的な変化みたいな感じ。ドミナントな感じはありつつ。


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


短和音にはトライトーンができない。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


解釈を投稿


というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


拗ねて不機嫌になるように感じられる。周囲を冷たくあしらうような態度をとるようにも感じられる。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


日本で作られる音楽には短調のようで短調でない曲が多い。エオリアとか。旋法して理解した方が楽。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


3645進行もある。4536の前後を入れ替えたもの。こっちの方が疾走感が出るのかも。緊張にどんどん向かっていく感じとか。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


解釈を投稿


弱気な感じ。おとなしい感じ。ドミナントのほうが強さがでる。


ナチュラルマイナーと比較すると、M6が下がらなかったもの。そのほうがシンプル。


哀しい感覚。(http://makeo-blog.net/chord/nondiatonic/)


あえて、より大きな跳躍進行にしてダイナミックにしてるのかも。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


演歌では、Ⅵm→Ⅱm→Ⅵm→Ⅲm→Ⅵmといった単調なサンドイッチ型のコード進行が愛好されている。『コード進行による作曲入門ゼミ』


この後、全終止したら4度進行の3連続。


演歌でよく見られる。


安直でいかにも。


大循環コードでは、メロディが同形を繰り返す進行が非常に多い。『コード進行による作曲入門ゼミ』


解釈を投稿


主和音に戻らないなら早く逃がす。


サビの手前に置かれることが多い。


加速。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


終止を強く期待させる。スペシャルな終止にできる。


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


解釈を投稿


区切り感と跳ねる感じで。いい感じ。


スタッカート気味な歌い方が似合う。


歯切れの良さ。


やはり区切り感か


終止の時、トニックの音量は小さくして良い。落ち着く場面で音量をでかくするのは不自然。


「前楽章の終止の静寂からは打って変わって、猛烈な分散和音で幕を開ける。」


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


ドミナントモーションは強力なものを築く。その影響で、その周辺の調性が確立してしまう。ドミナントモーションで調性がより明確な曲調は、古典クラシックや童謡、日本の演歌、昭和の歌謡曲等に多く見られる。『つくれるサントラ、BGM』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


段落効果。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomer/31/1/31_1/_pdf/-char/ja)


解釈を投稿


1563は見事に4象限という感じ。反復進行でもあるし。


喧騒。平常の静けさや秩序を破る何事か。静寂の対義語。


サビの手前に置かれることが多い。


演奏者と聴取者の間でのお約束ではなく、演奏者同士の間でのお約束。それは、分かり合えないものがわかり合うといったタイプのコミュニケーションというより、分かり合えているものがそれを確認するといった行為に近い気がする。


逆循環コードにセブンコードの柔らかさはそぐわない。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


151のとき、演歌で5の音価がすごく短かったり。1/4とか。


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


更なる救いという感じもする。


解釈を投稿

動機前楽節偽終止後楽節半終止