easter-egg.me

CreamAnyone For Tennis[aucti] - 2ページ

ジャケット画像『Anyone for Tennis』は1968年の4月に発売されたクリームのアルバム、『Wheels of Fire』の10曲目(全14曲)に収録されています。
音名CmD
和音Ⅵm
機能T (弛緩)Sec.Ⅴ(S)
根音長2度上行
進行
終止
共通なしなし
解釈

というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


夜は短調?。


解釈を投稿


解釈を投稿

動機前楽節後楽節