easter-egg.me

大江千里 雪の別れ[だんだんと] - 3ページ

ジャケット画像『雪の別れ -Giant Steps Version-』は2001年の8月に発売された大江 千里のアルバム、『Sloppy Joe I & II』の28曲目(全31曲)に収録されています。
歌詞だんだんとホームの
音名E♭Gm/DCmB♭A♭GmFmB♭E♭Gm/DCmB♭A♭GmFmB♭
和音Ⅲm/P5ⅥmⅢmⅡmⅢm/P5ⅥmⅢmⅡm
機能TDTDSTSDTDTDSTSD
根音完全4度上行完全4度上行完全4度上行完全4度上行
進行
D終止S終止D偽終止の逆進行S偽終止S偽終止の逆進行S・D連結D終止S終止D偽終止の逆進行S偽終止S偽終止の逆進行S・D連結
終止全終止全終止
共通P1→P5なしなしなしなしP1→P5P1→P5なしなしなしなしP1→P5
解釈

区切り感と跳ねる感じで。いい感じ。


スタッカート気味な歌い方が似合う。


歯切れの良さ。


やはり区切り感か


終止の時、トニックの音量は小さくして良い。落ち着く場面で音量をでかくするのは不自然。


「前楽章の終止の静寂からは打って変わって、猛烈な分散和音で幕を開ける。」


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


ドミナントモーションは強力なものを築く。その影響で、その周辺の調性が確立してしまう。ドミナントモーションで調性がより明確な曲調は、古典クラシックや童謡、日本の演歌、昭和の歌謡曲等に多く見られる。『つくれるサントラ、BGM』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


段落効果。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomer/31/1/31_1/_pdf/-char/ja)


解釈を投稿


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、響きが軟弱化されています。


解釈を投稿


というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


夜は短調?。


解釈を投稿


継続してる感じはある。


サビの手前に置かれることが多い。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


64への進行の間に挟まれることで動きをつけている。


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


解釈を投稿


ここで止まる感じ。


不安定な心情を描くのにもいいよね


浮遊感があるから、スケール感出る


リディア。癖がある。全音で上がり続ける。


導音も一応は解決する。


トニックのような安定感がない分、どこか切ないようなムードがでる。『サントラ、BGMの作曲法』


短調で使用されるⅣはⅡmに比べてより強い思い込みの気持ちを表現できる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


導音が一応解決するので、着地感も感じられる。ここから1か5かに進行する。それ以外の進行は見たことない。


少々ハードな偽終止は「Ⅴ→Ⅳ」という物でして、旧来の島岡版の藝大和声ではこれを是としていなかった訳です。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


終了の予感を打ち消す感じ。抑制的。全終止よりも変終止のほうが余韻がある。


解釈を投稿


ベースが下がるのと反行していく流れ、ⅣのP5から、Ⅲmのm7へ、そしてⅡmのadd9。どんどん離れていく感じが切なさを醸し出す感じ。ノンコードトーンになるのもいい。


ナチュラルマイナーと比較すると、2が下がっただけなのか。


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


短和音にはトライトーンができない。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


半音順行型。弛緩の気。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ドミナントとしての機能は弱い。


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


解釈を投稿


ナチュラルマイナーと比較すると、M6が下がらなかったもの。そのほうがシンプル。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


安直でいかにも。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


異質なもの。


Ⅳよりも推進力が強い。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


解釈を投稿


主和音に戻らないなら早く逃がす。


サビの手前に置かれることが多い。


加速。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


終止を強く期待させる。スペシャルな終止にできる。


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


解釈を投稿


区切り感と跳ねる感じで。いい感じ。


スタッカート気味な歌い方が似合う。


歯切れの良さ。


やはり区切り感か


終止の時、トニックの音量は小さくして良い。落ち着く場面で音量をでかくするのは不自然。


「前楽章の終止の静寂からは打って変わって、猛烈な分散和音で幕を開ける。」


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


ドミナントモーションは強力なものを築く。その影響で、その周辺の調性が確立してしまう。ドミナントモーションで調性がより明確な曲調は、古典クラシックや童謡、日本の演歌、昭和の歌謡曲等に多く見られる。『つくれるサントラ、BGM』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


段落効果。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomer/31/1/31_1/_pdf/-char/ja)


解釈を投稿


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、響きが軟弱化されています。


解釈を投稿


というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


夜は短調?。


解釈を投稿


継続してる感じはある。


サビの手前に置かれることが多い。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


64への進行の間に挟まれることで動きをつけている。


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


解釈を投稿


ここで止まる感じ。


不安定な心情を描くのにもいいよね


浮遊感があるから、スケール感出る


リディア。癖がある。全音で上がり続ける。


導音も一応は解決する。


トニックのような安定感がない分、どこか切ないようなムードがでる。『サントラ、BGMの作曲法』


短調で使用されるⅣはⅡmに比べてより強い思い込みの気持ちを表現できる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


導音が一応解決するので、着地感も感じられる。ここから1か5かに進行する。それ以外の進行は見たことない。


少々ハードな偽終止は「Ⅴ→Ⅳ」という物でして、旧来の島岡版の藝大和声ではこれを是としていなかった訳です。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


終了の予感を打ち消す感じ。抑制的。全終止よりも変終止のほうが余韻がある。


解釈を投稿


ベースが下がるのと反行していく流れ、ⅣのP5から、Ⅲmのm7へ、そしてⅡmのadd9。どんどん離れていく感じが切なさを醸し出す感じ。ノンコードトーンになるのもいい。


ナチュラルマイナーと比較すると、2が下がっただけなのか。


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


短和音にはトライトーンができない。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


半音順行型。弛緩の気。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ドミナントとしての機能は弱い。


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


解釈を投稿


ナチュラルマイナーと比較すると、M6が下がらなかったもの。そのほうがシンプル。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


安直でいかにも。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


異質なもの。


Ⅳよりも推進力が強い。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


解釈を投稿


主和音に戻らないなら早く逃がす。


サビの手前に置かれることが多い。


加速。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


終止を強く期待させる。スペシャルな終止にできる。


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節半終止前楽節半終止後楽節半終止

調 (Key)

  • E♭

用いられている和音

  • Ⅰ (E♭調におけるE♭の和音)
  • 機能はトニック (落ち着いた印象を与える和音)。長和音であるため、明るい印象を与えます。
  • Ⅵm (E♭調におけるCmの和音)
  • 機能はトニック (落ち着いた印象を与える和音)。短和音であるため、暗い印象を与えます。
  • Ⅴ (E♭調におけるB♭の和音)
  • 機能はドミナント (不安定な和音)。ドミナントは支配するという意味で、トニックの反対。基本的にはトニックに向かいます。
  • Ⅳ (E♭調におけるA♭の和音)
  • トニック (弛緩)とドミナント (緊張)の中間に位置します。
  • Ⅲm (E♭調におけるGmの和音)
  • トニックまたはドミナントの機能を持ちます。
  • Ⅱm (E♭調におけるFmの和音)
  • 機能はサブ・ドミナント。短和音であるため、暗い印象を与えます。