easter-egg.me

浜崎あゆみWe are the QUEENS[イントロ] - 1ページ

ジャケット画像『We are the QUEENS』は2016年の9月に発売された浜崎あゆみのシングルの表題曲。
和音Ⅴ/M3♭Ⅴ/M3♭Ⅴ/M3♭ⅤⅡmⅠ/M3Ⅳ/M3Ⅵ/M3
機能Rel.ⅡmDSub.ⅤSub.ⅤSub.ⅤS (中間)TS (中間)Sec.Ⅴ
根音長3度下行長2度上行完全4度上行短2度上行
進行
S終止S終止の逆進行
終止
共通なしなし
解釈

解釈を投稿


三和音はm7(-5)で表記。


根音以外の構成音を最低音に用いること。転回形とか、分数コードとか。


和音を作るような旋律の流れがあれば、調性音楽的に聞こえる。


減七度は、ディミニッシュ以外の方法では表記しづらい。そのため、四和音はディミニッシュ。


メロディによってセブンスの響きが添加されると解釈。


ふらふらしたドミナント。


この和音は主和音にはなれない。m7-5。『つくれるサントラ、BGM』


dimは解釈に幅がある。定義が曖昧。


主音から見た第5音がなっている方が収まりがいい。


癖のある響き。


解釈を投稿


解釈を投稿


解釈を投稿


解釈を投稿


解釈を投稿


ナチュラルマイナーと比較すると、M6が下がらなかったもの。そのほうがシンプル。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


安直でいかにも。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


異質なもの。


Ⅳよりも推進力が強い。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


解釈を投稿


ダイアトニック並進行の変化形。


この進行はBとかで多い。


ベースが上がる、メロディは下げて反進行を作った方が自然かも。


リズムに変化をつけやすい。


分数コードが用いられることによって、根音進行が円滑化、終止が薄弱化されています。


3度ベースは、格調も高く、クラシカルで重厚な響き。ex.『幸せのバースデイ』。『楽しく体験レッスン 作詞・作曲入門』p180


解釈を投稿


3度ベースは、格調も高く、クラシカルで重厚な響き。ex.『幸せのバースデイ』。『楽しく体験レッスン 作詞・作曲入門』p180


解釈を投稿


6の和音の増3和音ともとれる。


解釈を投稿


解釈を投稿

動機前楽節後楽節