easter-egg.me

PKCZ(R)Roam Around (feat. GENERATIONS from EXILE TRIBE)[何Youd] - 2ページ

ジャケット画像『ROAM AROUND feat. GENERATIONS from EXILE TRIBE』は2017年の8月に発売されたPKCZ(R)のアルバム、『360° ChamberZ』の9曲目(全10曲)に収録されています。
音名G♯mBG♯mB
和音ⅥmⅥm
機能T (弛緩)T (弛緩)T (弛緩)T (弛緩)
根音短3度下行短3度下行
進行
Sec.Ⅴ終止T系同士の連結T系同士の連結T系同士の連結
終止
共通P1→P5m3→P1
P5→M3
P1→m3
M3→P5
m3→P1
P5→M3
解釈

というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


夜は短調?。


解釈を投稿


Ⅴの置き換えと思われる場合がある。機能的に代理可能という訳ではないけどいける。気になるのは意図。


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


2から4への進行と似た感じ。


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


明るい響きがします。長調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


ⅥmからⅢmは「暗くて静的」から「暗くて動的」。「暗くて静的」から、「明るくて静的」に。


トニック(主格)。その調を代表する役割。曲の始まりや終わりに用いられる。安定感がある。『やさしくわかる楽典』


Ⅲmの置き換えという感じもする。


心を浮き立たせるように感じられる。のぼせ上がるよう、気休めになるようにも感じられる。


明るくて朗らかな響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿


というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


停滞感のある進行。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


1645は「ドゥワップ」と呼ばれたり。「50年代」の進行と呼ばれたり。(9784276100244)p72


Ⅰ→Ⅵm→Ⅱm→Ⅴ。循環コードは軽快さが一番の特徴。世界の民謡、演歌、学校の校歌などはこうした機能的なコードの動きをあまり好まない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


循環コード。アメリカのミュージカルや古めのジャズで多用された。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


解釈を投稿


Ⅴの置き換えと思われる場合がある。機能的に代理可能という訳ではないけどいける。気になるのは意図。


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


2から4への進行と似た感じ。


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


明るい響きがします。長調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


ⅥmからⅢmは「暗くて静的」から「暗くて動的」。「暗くて静的」から、「明るくて静的」に。


トニック(主格)。その調を代表する役割。曲の始まりや終わりに用いられる。安定感がある。『やさしくわかる楽典』


Ⅲmの置き換えという感じもする。


心を浮き立たせるように感じられる。のぼせ上がるよう、気休めになるようにも感じられる。


明るくて朗らかな響き。『絶対!わかる楽典100のコツ』


解釈を投稿

動機前楽節全終止後楽節