easter-egg.me

BUMP OF CHICKEN月虹[夜明けより] - 3ページ

ジャケット画像『月虹』は2019年の7月に発売されたBUMP OF CHICKENのアルバム、『aurora arc』の2曲目(全14曲)に収録されています。
音名AmFDmEm
和音ⅥmⅡmⅢm
機能T (弛緩)S (中間)S (中間)D (緊張)
根音長3度下行短3度下行長2度上行完全4度上行
進行
D偽終止S偽終止の逆進行S系同士の連結S偽終止
終止
共通なしP1→M3
m3→P5
P1→m3
M3→P5
なし
解釈

というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


壁にぶつかる感じ。垂直な壁。突き抜ける感じはない。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


4151とかもあったりする。


鉄。


「浮遊感を呼び起こすため弱い終止だとされる。聞く人に意外な印象を与えるので、偽終止の名がある。」


「単音や和音が解決されると期待される旋律やコード進行において、期待と異なった、しかし同じようにふさわしい音で代わりに解決が行なわれることもあり、それは興味深く、思いがけない音を作り出す。例としては偽終止がある。解決は主として調性音楽における概念である。」


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


前の和音の導音からこの和音の5度へ4度上行する流れ。いい。


行き詰まる感じがする。


解釈を投稿


4から1に近い印象がある。


リディア。癖がある。全音で上がり続ける。


トニックのような安定感がない分、どこか切ないようなムードがでる。『サントラ、BGMの作曲法』


短調で使用されるⅣはⅡmに比べてより強い思い込みの気持ちを表現できる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


6415。落下、落下、上昇、上昇。


Ⅱmよりも素直な感じ。


6415、4156、1564、5641。全て繰り返し用いられている曲が存在する。どこから初めても繰り返せる。


クラシック音楽では、メジャー・セブンといった不協和音には必ず解決がなされる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


アイドル曲だと激しめのサウンド、シンガーソングライターだと儚い夏を描くのに用いられる。


メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。(https://www.virtual-pop.com/music/2008/10/jpop/)


解釈を投稿


ナチュラルマイナーと比較すると、M6が下がらなかったもの。そのほうがシンプル。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


改める感じ。


安直でいかにも。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


異質なもの。


Ⅳよりも推進力が強い。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


解釈を投稿


ナチュラルマイナーと比較すると、2が下がっただけなのか。


フリギア旋法。スペインの音楽とかに多い。フラメンカ。


短和音にはトライトーンができない。


クラシックではあまり使わない。経過和音とかでは使うことがある。


5の和音よりもしっくり来る時が結構ある。


淋しさの気分にあたる。堅く個性的な色合いを持ったコード。上手く使うことで音楽は豊かさを増し、表現の幅も広くなる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


ドミナントとしての機能は弱い。


トニックにもドミナントにも変化する性質をもつ。曖昧な和音とされ、19世紀半ばまでは使用が控えられていた。『やさしくわかる楽典』


1の転回形でもいい。平行も回避できそう。


Ⅱm→Ⅲm→Ⅵm→Ⅲm。力強さを感じるメロディ。『ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~』


解釈を投稿

動機前楽節偽終止後楽節