easter-egg.me

SKY-HITOKIO SPOTLIGHT[Ladie] - 2ページ

歌詞LadieBoys騒
音名GmFE♭DGmFE♭D
和音ⅥmⅥm
機能T (弛緩)D (緊張)S (中間)Sec.Ⅴ(D)T (弛緩)D (緊張)S (中間)Sec.Ⅴ(D)
根音完全4度上行完全4度上行
進行ダイアトニック並進行(下行)の変化形ダイアトニック並進行(下行)の変化形
Sec.Ⅴ終止D偽終止の逆進行Sec.Ⅴ終止D偽終止の逆進行
終止全終止全終止
共通P1→P5なしなしなしP1→P5なしなしなし
解釈

というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


夜は短調?。


解釈を投稿


継続してる感じはある。


サビの手前に置かれることが多い。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


64への進行の間に挟まれることで動きをつけている。


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


解釈を投稿


ここで止まる感じ。


不安定な心情を描くのにもいいよね


浮遊感があるから、スケール感出る


リディア。癖がある。全音で上がり続ける。


導音も一応は解決する。


トニックのような安定感がない分、どこか切ないようなムードがでる。『サントラ、BGMの作曲法』


短調で使用されるⅣはⅡmに比べてより強い思い込みの気持ちを表現できる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


導音が一応解決するので、着地感も感じられる。ここから1か5かに進行する。それ以外の進行は見たことない。


少々ハードな偽終止は「Ⅴ→Ⅳ」という物でして、旧来の島岡版の藝大和声ではこれを是としていなかった訳です。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


終了の予感を打ち消す感じ。抑制的。全終止よりも変終止のほうが余韻がある。


解釈を投稿


ブレーキ


急な感じ


解釈を投稿


というか、感情と概念が乖離しないように頑張るという力がそもそもないものがある。


文章における感情の量的な表現は、説明的になってしまう。しかし、非言語情報は説明的でない形、直接的に感情を表出できる。感情と概念が結合した状態。文章にはそれらが乖離してしまうリスクがある。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


夜は短調?。


解釈を投稿


継続してる感じはある。


サビの手前に置かれることが多い。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


導音欠如は義務から解放されたようなもの。主音に上がらなければという感覚がなくなる。『音楽の正体』


64への進行の間に挟まれることで動きをつけている。


苦痛?


主和音と調性的同質性、機能的対称性。


勢いある。(https://octave-mo.com/chord-progression/akb-48)


解釈を投稿


ここで止まる感じ。


不安定な心情を描くのにもいいよね


浮遊感があるから、スケール感出る


リディア。癖がある。全音で上がり続ける。


導音も一応は解決する。


トニックのような安定感がない分、どこか切ないようなムードがでる。『サントラ、BGMの作曲法』


短調で使用されるⅣはⅡmに比べてより強い思い込みの気持ちを表現できる。『コード進行による作曲入門ゼミ』


導音が一応解決するので、着地感も感じられる。ここから1か5かに進行する。それ以外の進行は見たことない。


少々ハードな偽終止は「Ⅴ→Ⅳ」という物でして、旧来の島岡版の藝大和声ではこれを是としていなかった訳です。(https://tawauwasakonosam.blog.ss-blog.jp/150423douonyokkyu)


終了の予感を打ち消す感じ。抑制的。全終止よりも変終止のほうが余韻がある。


解釈を投稿


ブレーキ


急な感じ


解釈を投稿

動機前楽節半終止後楽節半終止

調 (Key)

  • B♭

用いられている和音

  • Ⅵm (B♭調におけるGmの和音)
  • 機能はトニック (落ち着いた印象を与える和音)。短和音であるため、暗い印象を与えます。
  • Ⅴ (B♭調におけるFの和音)
  • 機能はドミナント (不安定な和音)。ドミナントは支配するという意味で、トニックの反対。基本的にはトニックに向かいます。
  • Ⅳ (B♭調におけるE♭の和音)
  • トニック (弛緩)とドミナント (緊張)の中間に位置します。