easter-egg.me

夏川りみあすという日が[空を見上げ] - 2ページ

ジャケット画像『あすという日が』は2011年の9月に発売された夏川りみのEP、『あすという日が』の1曲目(全4曲)に収録されています。
歌詞空を見上げ空に手
音名CGDmAmAm
和音ⅡmⅥm
機能T (弛緩)D (緊張)S (中間)T
根音長3度下行
進行
D終止D終止の逆進行S偽終止
終止
共通P1→P5P5→P1P5→P1P5→P1
解釈

区切り感と跳ねる感じで。いい感じ。


スタッカート気味な歌い方が似合う。


歯切れの良さ。


やはり区切り感か


終止の時、トニックの音量は小さくして良い。落ち着く場面で音量をでかくするのは不自然。


「前楽章の終止の静寂からは打って変わって、猛烈な分散和音で幕を開ける。」


非和声音(倚音)から強起で始まり、順次上行する。そこから、3度跳躍。上行だとメッセージ性というか外向き、下行だとうつむく感じ。


ドミナントモーションは強力なものを築く。その影響で、その周辺の調性が確立してしまう。ドミナントモーションで調性がより明確な曲調は、古典クラシックや童謡、日本の演歌、昭和の歌謡曲等に多く見られる。『つくれるサントラ、BGM』


「機能和声においては、Tに戻ることでひと段落となる。言い換えると、和音の移り変わりは、Tから他の機能に移行して、またTに戻るまでがひとまとまりである。」


段落効果。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomer/31/1/31_1/_pdf/-char/ja)


解釈を投稿


1563は見事に4象限という感じ。反復進行でもあるし。


喧騒。平常の静けさや秩序を破る何事か。静寂の対義語。


サビの手前に置かれることが多い。


演奏者と聴取者の間でのお約束ではなく、演奏者同士の間でのお約束。それは、分かり合えないものがわかり合うといったタイプのコミュニケーションというより、分かり合えているものがそれを確認するといった行為に近い気がする。


逆循環コードにセブンコードの柔らかさはそぐわない。


ドミナントは名司会者。(http://kannoyoshitaka.lolipop.jp/index.php?コード進行の読み方)


ドミナント(支配格)の機能。トニックへ進もうとする強い意志をもつ。7の和音ではされに強い機能をもつ。この和音のまま放置されると、聞き手は耐え難いほどの終始への欲求をもつ。『やさしくわかる楽典』


151のとき、演歌で5の音価がすごく短かったり。1/4とか。


属和音は主和音に対して同質性と対称性を持っている。属和音があって調性が決定される。『思想としての音楽』


更なる救いという感じもする。


解釈を投稿


ナチュラルマイナーと比較すると、M6が下がらなかったもの。そのほうがシンプル。


Ⅳよりも、ジャズっぽさとか、シックさとかを強めてる感じもある。


安直でいかにも。


ドリアンは汎用性が高い。民族的。遺跡とか。ゲームとかによく使われる。


Ⅱの和音のSopは、根音か3度音にする。ただし、Sopを3度音にしたオープンボイシングは、Ⅰ/5thに繋げると連続5度が生じるので不可。(https://ch.nicovideo.jp/paro-pen/blomaga/ar959659)


この和音は表情に柔らかさをもつ。また、外音を取り入れる柔軟性も併せ持っている。Ⅰ7, Ⅴ7, Ⅱ7といったセブンコードとも良く似た特性である。ⅥmやⅢm7ではこのような柔らかさを持っていない。『コード進行による作曲入門ゼミ』


異質なもの。


Ⅳよりも推進力が強い。


4の和音だと根音重複する旋律だと、それを避けるために代理させることがある。


ドリアンは雰囲気を出すにはいい。でも既聴感が否めない。


解釈を投稿


4の和音の代替とも考えられる。


4の和音の代替と考えるなら、展開感を抑えたかったのかも。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


疲れ果て、気力が失われていくように感じられる。空虚感、煩わしさなども感じられる。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


平行調への転調を疑ってもいいかも。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


解釈を投稿


マイナーの主和音。


エオリア。旋法的に聞こえるかどうかは調性感のあるコード進行かどうかで決まる。調性感があるなら、旋法的に聞こえない。


暗い響きがします。短調を代表する和音です。『やさしくわかる楽典』


3度を抜くと印象が変わる。


シンセサイザーを用いた電子音楽系統は、比較的短めのサイクルを好む傾向にあり、特にテクノなどでは、たった1つか2つのコードを繰り返すようなものも普通にあります。ヒップホップでも、シンプルなトラックはよく見られます。(https://soundquest.jp/quest/chord/chord-mv1/basic-embodiment-2/)


P1を飛ばして演奏されることが多い気がする。


第3音から第5音への跳躍進行には、なんか見下す感じがある。サディステック。


カッティング奏法とか合う。


長調なら、この和音で短調要素を入れてきていると考えてもいい。


マイナーでラテンのリズムだと情熱的な感じになる。メジャーだと陽気な感じ。(https://www.tbsradio.jp/277256)


解釈を投稿

動機前楽節偽終止後楽節